青森県保険医協会規約本会は、会員の自由な意志に基づき、任意に参加結集した保険医の自主的な団体である。
会員個人の思想信条、政党支持は自由であり、会としては不偏不党、いかなる団体からも拘束されない。
会の運営は、自由で闊達な討議によって行われる。

第1章  名   称 第1条 本会は青森県保険医協会と称し、事務局は青森市に置く。
第2章  目   的第2条 本会は、青森県における保険医の生活と権利を守るとともに、国民医療の充実と向上をはかることを目的とする。

第3条 本会は前条の目的達成のため次のことを行う。
 1、保険医の診療技術、診療内容の向上と生活擁護のための活動。
 2、社会保険及び医療保障制度の研究、改善、拡充、強化をはかるための活動。
 3、会員相互の福祉厚生と親睦、連帯をはかる活動。
 4、保険医と地域住民の相互理解と協力をすすめる活動。
 5、その他、目的達成に必要な活動。

第3章  会   員第4条 青森県における保険医で、本会の規約を承認するものは会員になれる。

第5条 本会への入会及び退会は自由である。

第6条 会員は、本会の催す諸会合に出席し、または機関紙に自由に意見発表ができる。規約に基づき役員を選出したりされたり、議事録を閲覧することができる。

第7条 会員の唯一の義務は会費の納入である。


第4章  役   員第8条

1、本会に次の役員をおくものとする。

 会 長   1名
 副会長   4名
 監 事   3名

2、会長、副会長及び監事は総会で選挙によって選出される。立候補は会員1名以上の推薦を必要とする。

3、理事は、会長及び副会長が推薦し総会で承認を得る。但し、会員は会員1名以上の推薦を受け立候補することができる。

4、会長、副会長、監事及び理事の選挙細則は別に定める。

第9条 会長は本会を代表し、会務全般の責に任ずる。

第10条 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときは理事会の承認を経てこれを代行する。

第11条 副会長、理事は会務を担当し会を運営する。

第12条 監事は本会の会務及び会計を監査する。

第13条 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。

第14条 本会に名誉会長及び顧問をおくことができる。名誉会長及び顧問は理事会の承認を経て、会長がこれを委嘱する。


第5章  会   議 第15条 本会に次の会議をおく。

 1、 総 会
 2、 理事会

(総 会)
第16条 総会は協会の最高議決機関であり、会員と役員をもって構成する。定時総会は年1回会長が招集する。

第17条 会長及び理事会が必要と認めたとき、または会員の3分の1以上の要求があるときは臨時に総会を開かねばならない。

第18条 総会は、会員数の10分の1の出席をもって成立する。委任状も認める。

第19条 議決は出席会員によるものとし、出席会員の過半数をもって議決される。可否同数の場合は議長が決する。

第20条 次の事項は総会の議決を必要とする。

 1、規約の変更
 2、事業計画
 3、決算、予算
 4、その他の重要事項

(理事会)
第21条 理事会は、会長、副会長、理事及び事務局長をもって構成する。理事会は月1回以上持ち、その他必要なときは会長が招集する。

第22条 理事会は、理事3分の1以上の出席で成立する。但し、会長、副会長を含むものとする。

第23条 理事会の議決は多数決により決定し、同数の場合は会長が決する。但し、事務局長は議決に加えない。

第24条 本会に事務局をおき、職員を採用する。事務局は理事会の指導のもと会務を行う。事務局員の任免、待遇は理事会で決定する。


第6章  支   部 第25条 本会は、青森県を数地区に分け、各地区毎に支部を設けることができる。

第7章  会   計 第26条 本会の経費は会費その他をもってあてる。

第27条 本会の財産は理事会が管理する。

第28条 本会の会計年度は10月1日より始まり翌年9月30日に終わる。


附  則 1、本会は全国保険医団体連合会に加盟する。
2、本会の会費は総会で定める。
3、別に細則を設けることができる。細則は理事会で決定する。

昭和54年10月21日  議  定
昭和56年12月 1日  一部改正
平成 5年10月23日  一部改正
平成 7年10月28日  一部改定





TOP 青森県保険医協会 企画 資料 リンク 出版物 会員ページ