後期高齢者医療制度・負担額解説
大竹 進
(青森県保険医協会副会長、 青森県社会保障協議会会長)

  昨年の4月に後期高齢者医療制度がスタートして、1年が経ちました。その後、度重なる制度の見直しによって、大きく変更され予定通りに進んでいません。しかし、来年、2010年4月には、凍結されたものが解凍され、本格的にスタートする予定です。いずれにしても制度が複雑ですので、不明な点は市町村の担当窓口でご相談ください。


負担解説表

表を拡大(PDFファイル 17KB)
−表の解説−

○75才以上の健康保険の家族だった人
  全国で200万人いる健康保険に加入していた家族も75才以上の誕生日の午前0時から全員、後期高齢者医療制度に移りました。その結果、75才からは保険料負担が生じることになりましたが、急激な負担増を緩和するために2年間は負担軽減措置がとられました。所得割保険料は2010年3月末まで負担なし、均等割保険料は2008年9月末までは負担なし、10月からは1割、2009年4月からは5割負担の予定になっていました。
 しかし、その後も軽減措置が延長されることになり、本年4月からの5割は1割のまま2010年3月31日まで延長されることになりました。青森県の場合、均等割の1割の金額は年間で4,000円になっています。
 しかし、2010年4月からは均等割は10割負担となり年間40,514円、さらに、所得に応じて負担する所得割保険料も追加されることになっていて、一気に保険料負担が増える予定です。

○全ての75才以上(後期高齢者)の方

 保険料の納め方には2種類あります。年金から天引きされる特別徴収(人数は多い)と納付書等で直接市町村に納める普通徴収(人数は少ない)があります。特別徴収の人は天引きですので滞納することはありませんが、普通徴収の人は保険料を納めていないと「滞納している」と判断されます。
 以前は、高齢者が保険料を滞納してもペナルティーはありませんでしたが、後期高齢者医療制度では『1年を経過するまでの間に納付しない場合には、滞納につき「特別の事情」があると認められる場合を除き、資格証明書を交付する』ことになっています。資格証明書で受診した場合はかかった医療費の全額を医療機関の窓口で支払うことになっていますので、一部の例外を除いて滞納した人は医療にかかることができなくなります。「特別の事情」については、広域連合が判断すること になりますが、詳細についてはまだ決まっていません。
 さらに、09年1月からは、後期高齢者の自己負担限度額の特例が創設されました。「75才の誕生日がその月の初日以外の人は、本来額の2分の1の額が適用」されます。
 所得分類が一般の方は外来で6,000円、個人合算で22,200円となっています。

○70-75才未満(前期高齢者)の方
 後期高齢者医療制度と一緒に、70才から75才未満の方の前期高齢者の医療も変更になっています。2009年4月1日から前期高齢者の窓口負担は2割に引き上げられる予定でしたが、1割負担のまま2010年3月31日まで軽減措置が延長されます。しかし、これも2010年4月からは2割負担になることが決まっています。
 現在、窓口負担割合は所得によって「一般」は1割、「現役なみ所得者」は3割と決められています。75才の誕生日以後、夫婦で後期高齢者と前期高齢者に別々に分かれた場合、世帯の収入は変わらないにもかかわらず、「一般」から「現役なみ所得者」と区分だけが変わり、3割負担になる前期高齢者の方がいました。
 しかし、09年1月から判定基準が変更になり、申請することで「3割」負担が「1割」負担に変更になる可能性があります。 1ヵ月に負担する医療費が高額になった場合に払い戻しが受けられる「高額療養費制度」は、前期高齢者だけ2008年4月から変更になる予定でしたが、軽減措置で2010年3月31日まで据え置かれました。
 しかし、2010年4月1日からは前期高齢者の外来負担上限(一般)が12,000円だったものが24,000に、入院は44,000円から62,100円に引き上げられることになっています。

(問い合わせはファックスで青森県保険医協会017-774-1326)