入会のご案内開業されている医師・歯科医師の方へ 健康保険の患者負担の増大によって患者さんの受診抑制が増えたり、再診が減ったり、経営的にも収入減に直結しているにも関わらず、地域住民の生命と健康のために日夜献身されていることに心から敬意を表します。
 医療の「改悪」は、止まることを知りません。医療制度の抜本改革と称し、本人3割負担、老人医療の定率化が目前に突きつけられようとしています。

 青森県保険医協会は、1979年に「開業保険医の生活と経営を守り、医療保険制度の改善・充実」を目的に結成され、これまで活動を続けてきました。現在県内1,200名を超す医科・歯科の先生方が加入されています。本協会も加盟する全国保険医団体連合会(保団連)は、会員数9万余名となり、日本でも有数の医療団体として、国の医療政策に大きな発言を持つまでになっています。
 保険医協会は診療報酬改善などの要求運動、研究会活動、経営・税務・共済・融資などの日常世話役活動、第一線医療の役割を強める地域医療活動、保険医新聞などの広報活動などを行っています。

 また、団体のメリットを生かした保険医協会ならではの共済制度「保険医年金制度」、「保険医休業保障制度」、「保険医グループ保険制度」、「新規開業資金融資・生活資金融資制度」など、開業医、勤務医を問わずご利用いただける制度を充実させております。
 今、“医療冬の時代”と言われていますが、こんな時代だからこそ保険医協会の諸事業は開業医生活・医療をサポートするものです。高齢化社会を迎えつつある今日、地域住民の開業医に寄せる期待も高まっています。開業医のために開業医自身がつくる自主的団体として、国民とも手をつないで21世紀に向けての新しい開業医医療のあり方を語り合い活動するため、保険医協会の活動・共済制度等へのご理解を頂き、ご入会頂けますようお願いいたします。

 本会は入会金の制度はなく、開業医月額5000円の会費で運営しており、青森銀行・みちのく銀行からの口座振替をお願いしております。なお、会費は全額損金(経費)にできます。

勤務されている医師・歯科医師の方へ 医療費の適正化と称しての抑制政策、高齢化社会の医療政策としての医療供給体制の再編などの激震の下で、多くの勤務医は将来について種々の「不安」を抱いておられることと思います。勤務医は全医師数の7割を占めているのにもかかわらず、将来への不安解消のための方策や医療への発言などの機会がないのが現状です。このことは我が国の医療の将来にとっても不幸なことだととらえています。
 青森県保険医協会は開業医が主体となった団体ではありますが、勤務医のみなさんとの相互理解をはかり、医療諸制度の改善や地域医療の推進に共に手を携えることを目指して「勤務医会員制度」を設け、勤務医の先生にも役員になっていただきながら会の運営を行っています。
 現在勤務医の先生でも、各種共済制度や融資制度などは利用でき(開業医会員に比べて一部制限がございます。)、協会の各行事には自由に参加できますので、開業医との懇談の機会も増やすことができます。また、個別に開業相談も行っていますので、この機会にぜひ入会をお願いいたします。

本会は入会金の制度はなく、勤務医月額3500円の会費で運営しており、青森銀行・みちのく銀行からの口座振替をお願いしております。

お問い合わせは事務局までお願いいたします。各種資料を送付いたします。
電話 017-722-5483 FAX 017-774-1326 
E-mail a-hoikyo@ahk.gr.jp




TOP 青森県保険医協会 企画 資料 リンク 出版物 会員ページ